だいず

昔から日本で食されてきた伝統食材の大豆

大豆は日本人の私たちにとって非常に身近な食材です。
和食では多くの料理に大豆や大豆製品が使われています。
大豆を豆のまま煮物に使ったりすることもありますし、
豆腐や納豆のように加工して使うということもあります。
また、味付けに欠かせない味噌や醤油といった調味料もその原料には大豆が使われています。
こう見ていくと、日本人の食生活には大豆が絶対的に欠かせないということが分かります。

そんな大豆に豊富に含まれている成分にイソフラボンがあります。
www.infomercialratings.com
イソフラボンは特に女性には必要不可欠ともいえる成分で、
女性ホルモンと似た働きを体内でしてくれると言われています。
詳しくはこちらにも書いてあります。www.ideux.jp
女性ホルモンというのは、ほとんどの女性が不足しているとも言われていますし、
不足してしまうことで様々な不調が出てくるということも分かっています。
ですから、イソフラボンは女性の健康と美容に非常に役立つ成分なのです。

日本の食習慣は、そんなイソフラボンを手軽に毎日取り入れられるような内容になっていますから、
私たちは意識していなくても自然とイソフラボンを取り入れています。
1日に摂取したいイソフラボンの目安量は、納豆なら1パック・豆腐なら半丁です。
このくらいの分量であれば1日の食事の中で無理なく取り入れられますよね。

また、もしも大豆製品が苦手という場合であれば、簡単にイソフラボンを取り入れられるサプリメントも
販売されていますから、それらを利用するというのも一つの方法です。

サプリメントを取り入れる際の注意点は、摂取目安量を守って利用するということです。
ごく少量で多くのイソフラボンを取り入れることができてしまうサプリメントでは、
過剰にイソフラボンを取り入れてしまうということもありますから注意しましょう。

元々イソフラボンを取り入れやすい食文化をしている日本食ですから、
毎日の食事の中でおいしく大豆や大豆製品を取り入れて、
自然な形で健康や美容に役立てていきたいものです。

Menu