だいず

イソフラボンの摂取量

長寿や健康、更には美容にも役立つと言われている注目の成分イソフラボンですが、
一日にどのくらいの分量を取り入れるのが良いのでしょうか。
目安としては、1日に70~75ミリグラムとされています。
納豆に含まれるイソフラボンは1パックで51ミリグラム・豆腐は半丁で51ミリグラムですから、
食事から目安量を取り入れることも難しくはありません。

また、こうした大豆食品であれば、たとえこれ以上食べたとしても、
イソフラボンの過剰摂取で健康被害が出るといったことはまず考えられないのだそうです。
というのも、大豆の中にはイソフラボンの過剰摂取を抑える働きをする成分も一緒に含まれているからです。
そのため、食品から取ったイソフラボンであれば、余計な分は自然と体外へ排出されていきます。

注意が必要なのはイソフラボンのサプリメントを取り入れている場合です。
サプリメントでイソフラボンをとる場合には、その上限を1日に30ミリグラムまでとして、
残りは食品でとるのが良いと言われています。
しかし、それを無視してサプリメントでイソフラボンを過剰摂取してしまうと、
健康に良いどころか元々の体のバランスを崩してしまうことにもなりかねません。

サプリメントによるイソフラボンの過剰摂取の目安は1日に150ミリグラム以上とされています。
健康に良い成分と言われているからといっても、やみくもにただそれだけを摂取するというのは、
決して良いこととは言えないのです。

また、日本食は古くから大豆や大豆製品を多く取り入れていますから、
特に子供などに関してはサプリメントで補給するという必要も無いそうです。
大豆に秘められた成分についてはこちらにもかいてあります。www.anquantao.info

基本はバランスのとれた食事で大豆をとるようにして、どうしても不足しがちな部分だけを
サプリメントで補うようにするというのが良いでしょう。
イソフラボンの副作用については、http://2kewl4u.com/i14.htmlで確認してみてください。

和食はイソフラボンの有用な働きを取り入れやすいメニューになっています。
大豆の加工食品や調味料が豊富なこともその手助けとなっています。
上手に取り入れることで健康や美容に活かしていけるようにしたいものです。

Menu